まち自慢.net

2021.03.26
| 花自慢 山梨県

山梨で桃も桜も!

「新倉山浅間公園 桜まつり」/写真提供:公益社団法人やまなし観光推進機構

都内の桜は満開を迎えていますが、場所によっては4月中旬から下旬まで、桜が楽しめるのが山梨県。同時に桃源郷と呼ばれるように桃が楽しめるスポットもあります。

桜は、今年は例年より1週間から10日ほど早い開花の見込みですが、まだまだ見ごろがこれからのところも。

富士山と五重塔と桜が一度に楽しめる新倉山浅間公園では、4月3日(土)から18日(木)に一部に入場制限を実施するなど、感染対策を施した上で「新倉山浅間公園 桜まつり」の開催を予定しています。

また、桃の生産量が日本一の笛吹市では、4月に約30万本の桃の花が咲きます。その代表的な眺望スポットである八代ふるさと公園では、一帯の桃畑と南アルプスの素晴らしい眺望を楽しむことができます。

武田氏最後の城跡である新府城跡や能見城跡など、韮崎市の新府桃源郷も約60haの広大なエリアに桃が咲き誇ります。富士山だけでなく、残雪の南アルプスや八ヶ岳などの山々と桃の花の競演は見事です。

山梨県内の桜と桃の開花状況は、公益社団法人やまなし観光推進機構の公式HP「富士の国やまなし」をご覧ください。
https://www.yamanashi-kankou.jp/special/yamanashi_sakura_momo.html

 
<写真提供>
公益社団法人やまなし観光推進機構

  • mixiチェック
↑