• mixiチェック
HOME > 日本クリエイション大賞
日本クリエイション大賞

より豊かな生活文化の創造を推進します。

本制度は、「より豊かな生活文化の創造に貢献したクリエイション・ワーク」を顕彰するもので、製品、技術、芸術・文化活動、地域振興、環境、福祉などジャンルを問わずクリエイティブな視点で、新たな時代を切り拓いた人物や事象を表彰し、その素晴らしさを広く知らしめていくことを目的としています。

日本クリエイション大賞について

  1980年代の半ばに日本・東京両商工会議所の五島昇会頭(1916-89)は、「これからは繊維産業のみならず、生活文化すべてをファッションと定義する」と提言。85年に東京ファッション協会を、続いて89年には日本ファッション協会を設立し、自ら初代会長に就任しました。戦後の混乱から高度経済成長期を経て「経済大国」となった時代にあって、さらに同氏は成熟した生活大国、文化大国の実現を追求しました。

 その思想をより具体的な形で推進することを狙い、東京ファッション協会では87年に「東京クリエイション大賞」を、日本ファッション協会でも91年に「日本生活文化大賞」を創設し、それぞれ顕彰事業を実施してまいりました。

 2004年度には、東京、日本の両ファッション協会が統合され、それまで、別々に実施してきた2つの賞には「より豊かな生活文化の創造」に寄与するという共通の目標があることから、新生・日本ファッション協会の誕生を機に、両賞を「日本クリエイション大賞」として統合し、以来、毎年優れた案件の顕彰に努めています。

 

1.表彰対象

製品、技術、芸術・文化活動、地域振興、環境、福祉など、ジャンルを問わずクリエイティブな視点で生活文化の向上に貢献し、次代を切り拓いた人物や事象などを表彰対象とします。

 

2. 選考基準

下記のいずれかの要素に該当するもの。

① 時代性  時代に衝撃を与え、時代を象徴するもの

② 革新性  斬新な発想で社会に新鮮な感動をもたらすもの

③ 文化性  人々の心に快適さや豊かさをもたらすもの

④ 国際性  国を超えて更には時間を超えて、広く人々の共感をもたらすもの

⑤ 社会性  地域や人々の生活を活性化させ、幸せ感をもたらすもの

 

3. 賞の種類と数

mebius_small

表彰盾「メビウスの輪」

(1) 【大賞】‥‥‥1件: 副賞50万円、楯(澄川伸一デザイン)

(2) 【各賞】‥‥‥3件: 副賞25万円、楯(澄川伸一デザイン)

   

 

 

4. 選考について

「顕彰制度委員会」にて、3回の審議を経て表彰案件を決定します。

選考委員長

選考委員長代行 

選考委員 (50音順)

 

馬場 彰(当協会理事長、株式会社オンワードホールディングス 名誉顧問)

岩田 彰一郎(アスクル(株)代表取締役社長兼CEO)

伊東 順二(東京藝術大学教授/アートプロデューサー)

内館 牧子(脚本家)

大宅 映子(評論家/公益財団法人 大宅壮一文庫 理事長)

加藤 タキ(コーディネーター)

河原 敏文(プロデューサー/ディレクター/CGアーティスト)

柴田 鐡治(科学ジャーナリスト)

曽我 健(公益財団法人 NHK交響楽団名誉顧問)

永井 多惠子(ユネスコ国際演劇協会会長/元NHK副会長)

原 由美子(ファッションディレクター)

 

5. 結果発表および表彰時期

第3回選考委員会(毎年1月中~下旬頃開催予定)終了後、マスコミなどを通じて結果を発表し、その後2月下旬から3月上旬に表彰式を開催します。

 

  • mixiチェック

セミナー&イベントカレンダー

<< 2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930