• TOP
  • まち自慢.net
  • 200本のけやきを26万個のイルミネーションで飾る「2019NIIGATA光のページェント」

まち自慢.net

2019.12.19
| ウインター・イベント自慢 新潟県

200本のけやきを26万個のイルミネーションで飾る「2019NIIGATA光のページェント」

けやき並木を飾る「NIIGATA光のページェント」 Ⓒ新潟観光コンベンション協会

JR新潟駅の南口、東跨線橋入口から米山・天神2丁目までのけやき通りを26万個のイルミネーションで飾る「2019 NIIGATA光のページェント」が、2020年1月31日(金)まで開催されています。

けやき通りの東西1kmにわたって光のトンネルが出現し、イルミネーションのなかには、幸せを呼ぶハートのオーナメントが隠れていて、それを探す人々でもにぎわう新潟の冬の風物詩です。

1987年、3万個の豆電球をけやき通りのけやき17本に飾り付けたことから始まったイベントで、今でも運営はすべてボランティアの手によって行われています。

けやき通りを学区に持つ笹口小学校では、6年生の「総合学習」で「NIIGATA光のページェント」をテーマに活動し、募金・清掃・点灯式のイベントまですべてに関わって、子どもたち自ら考え、一緒に準備を行っています。

また、けやきを飾る電飾は、新潟の厳冬期の風雪にも強い、防水性や耐久性が高いもので、上越市の企業が開発したものを使用していましたが、2014年以降、手間のかかる高い技術を要することからその作り手がいなくなってしまいました。現在では、県内2カ所の福祉施設がその製造を手掛け、作業を学び一つ一つ手作りしています。

 

<「2019 NIIGATA光のページェント」の開催概要>

◆開催期間:2019年12月6日(金)~2020年1月31日(金)

◆点灯時間:17:00~24:30 ※ライトダウン:12月22日(日)20:00~22:00の間消灯します

◆点灯場所:新潟駅南口 けやき通り(東跨線橋入口~米山・天神2丁目)

◆主催:NIIGATA光のページェント実行委員会

◆共催:新潟市南商工振興会

詳細は、「2019 NIIGATA光のページェント」の公式サイトをご覧ください。
http://niigata-hikari.jp/

 

<写真提供>
公益財団法人新潟観光コンベンション協会
新潟市公式観光サイト「Welcome to NiigataCity」
https://www.nvcb.or.jp/

 

  • mixiチェック
↑