• TOP
  • まち自慢.net
  • 幻の高級魚を本場で味わう「平戸天然あら(クエ)鍋まつり」

まち自慢.net

2019.10.30
| ご当地グルメ自慢 長崎県

幻の高級魚を本場で味わう「平戸天然あら(クエ)鍋まつり」

天然あら鍋(写真はイメージ)/写真提供:一般社団法人平戸観光協会(共同通信PRワイヤー)

長崎県平戸市は、日本の陸路の最西端に位置し、平戸島は本土と平戸大橋でつながっています。周りを海で囲まれた平戸は、数百種の魚が獲れ、中でも「天然ヒラメ」「本クエ」「鯛茶漬け」が有名。

高級魚として知られる「クエ」は、九州では方言名の「あら」と呼ばれています。平戸は全国有数のクエの漁獲量を誇り、11月~12月に漁獲の最盛期を迎えます。

昔から「クエ食ったら他の魚は食えん」と言われるほど、食通たちをうならせてきた魚の王様クエ。五島沖の荒波にもまれた天然物は、上品で淡白な引き締まった身に上質なコラーゲンがたっぷりと含まれ、そのコラーゲンが溶け出た鍋が「あら」の一番おいしい食べ方と言われています。白身魚でありながら油がのっているのにしつこくなく、コクがあるのにクセがなく、「ふぐちり」と並んで「鍋の王様」と呼ばれるあら鍋。締めの雑炊も格別です。

そんな「あら鍋」を地元でたっぷり味わっていただこうと、「平戸天然あら鍋まつり」が11月1日(金)から12月30日(月)まで平戸市内の飲食店・宿泊施設で開催されます。

 

<「平戸天然あら鍋まつり」の開催概要>

平戸市内のまつり参加施設(飲食店6軒、宿泊施設5軒)に「あら鍋コース」の食事メニューまたは宿泊プランが登場。参加施設の中には、産地で新鮮だからこそ味わえる「刺身」や「しゃぶしゃぶ」「珍味(肝臓、胃、エラ等)」をプラスした「あらづくし」コースを設けているところもあります。

◆開催期間:2019年11月1日(金)~12月30日(月)

◆参加施設:平戸市内の飲食店6軒、宿泊施設5軒

◆料金:施設ごとに設定

◆主催:一般社団法人平戸観光協会

 

詳細は、平戸観光協会の公式HPをご覧ください。
https://www.hirado-net.com/

 

<写真提供>
一般社団法人平戸観光協会(共同通信PRワイヤーより)

 

  • mixiチェック
↑