まち自慢.net

2019.05.23
| 花自慢 長崎県

約30万本が咲き誇る大村公園で「花菖蒲まつり」

大村公園の花菖蒲/写真提供:(一社)長崎県観光連盟

長崎県のほぼ中央に位置し、多良の山々と大村湾に挟まれたコンパクトで平らな街・大村市は、市内のどこからでも長崎空港まで車で約15分という交通至便の地にあります。

「日本の歴史公園百選」に選定されている大村公園は、171種類、約10万株、およそ30万本の花菖蒲が咲き誇る九州最大規模の花菖蒲園です。大村藩主の居城だった玖島(くしま)城跡のお堀跡を利用したもので、江戸系、肥後系、伊勢系のハナショウブが5月中旬から咲き始め、5月下旬から6月中旬頃まで、色とりどりの花菖蒲を楽しむことができます。

見ごろに合わせて6月1日(土)に「おおむら花菖蒲まつり」が開催されます。板敷櫓下広場では、人気の熊本城おもてなし武将隊のショーや国指定重要無形民俗文化財「大村郡三踊」のひとつ「沖田踊」が披露されます。大村の特産品はもちろん、姉妹都市である秋田県仙北市、兵庫県伊丹市、友好交流都市の島根県飯南町の物産品の販売も。

6月20日(木)まで板敷櫓と花菖蒲を照らすライトアップも行われています。また、5月28日(火)から6月2日(日)まで、ボランティアガイドの案内で大村市内を巡る「おおむら観光周遊バス」が運行されます。参加費500円で、大村公園、旧楠本正隆屋敷、旧円融寺庭園などを回ります。

 

<「令和元年度おおむら花菖蒲まつり」の開催概要>

◆開催日時:2019年6月1日(土)11:00~15:00

◆ライトアップ期間:3月25日(月)~6月20日(木)

◆開催場所:大村公園(板敷櫓下広場/長崎県大村市玖島1-45)

◆アクセス:JR「大村駅」からバスで10分「市役所前」バス停下車。長崎自動車道「大村IC」から車で15分

◆主催:一般社団法人大村市観光コンベンション協会

 

<「おおむら観光周遊バス」の開催概要>

◆運行期間:5月28日(火)~6月2日(日)

◆出発時間:11:00~、13:00~(1日2便)

◆発着場所:大村公園前観光案内所

◆コース:大村公園→ 旧楠本正隆屋敷→ 旧円融寺庭園(国名勝)→ 花文字山→ 放虎原殉教地

◆周遊時間:約100分

◆参加費:500円

◆予約:(一社)大村市観光コンベンション協会の公式HPからお申込みください

 

詳細は、一般社団法人大村市観光コンベンション協会の公式HP「よって行かんね おおむら」をご覧ください。

https://www.e-oomura.jp/

 

<写真提供>

一般社団法人長崎県観光連盟

長崎観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」

https://www.nagasaki-tabinet.com/

 

 

  • mixiチェック
↑