• TOP
  • まち自慢.net
  • 高知城を舞台としたライトアップイベント「Art+ +高知城 ひかりの花図鑑」

まち自慢.net

2023.01.05
| 文化・芸術活動自慢 高知県

高知城を舞台としたライトアップイベント「Art+ +高知城 ひかりの花図鑑」

高知城天守を背景としたプロジェクションマッピング/写真提供:高知県(共同通信PRワイヤー)

大阪城、高田城と並び日本三大夜城の一つである「高知城」を舞台に、ライトアップイベント「Art+ +高知城 ひかりの花図鑑-牧野富太郎と植物を愛した画家たち-」が2023年1月29日(日)まで開催されています。

「Art+」とは、偉大なアーティストが残したアートなどを大型映像・立体音響・照明演出で没入感のあるイマーシブデジタルコンテンツで表現するプロジェクト。

高知県出身で世界的な植物学者「牧野富太郎博士」の愛した植物たちや高知の豊かな自然と、有名画家たちのアートとの融合を意識した“どこにもない、初めて見る、高知城だけ”の作品となっています。

さまざまなコンテンツが用意されている「高知城ひかりの花図鑑」ですが、中でも高知城天守を背景としたプロジェクションマッピング“ひかりの花夜城”は花や植物たちの持つ生命力が、ダイナミックかつエネルギッシュな音と映像で表現され、圧巻。

そのほか絵画の世界への誘い、ゴッホの通い路、ルノワールの花小道、モネの庭、牧野富太郎のふるさとなど、幻想的なコンテンツが用意されています。

全国旅行支援に加え、高知県では「地域観光事業支援」を活用して【高知観光トク割キャンペーン】を継続開催中。さらに高知県独自の割引が受けられる【観光リカバリーキャンペーン】の利用もできます。

このチャンスに高知県を訪ねてみては。

 

<「Art+ +高知城 ひかりの花図鑑-牧野富太郎と植物を愛した画家たち‐」の開催概要>

■開催期間:2022年12月2日(金)~2023年1月29日(日)

■開催時間:18:00~21:30(最終入場21:00)

■開催場所:高知城・高知公園(二ノ丸・三ノ丸)

■アクセス:JR高知駅から徒歩25分、JR高知駅から路面電車で10分

■コンテンツ:A 花手水の階段/入口階段、B 絵画の世界への誘い/杉の段 三ノ丸、C ゴッホの通い路/二ノ丸階段、D モネの庭1/二ノ丸、E モネの庭2/二ノ丸、F ルノワールの花小道/銀杏並木、G 牧野富太郎のふるさと/三ノ丸、H 高知城植物図鑑/三ノ丸、I ひかりの花夜城/天守

■料金:<通常>大人1000円、中・高校生700円、小学生500円
<WEB予約・団体> 大人800円、中・高校生560円、小学生400円
※上記金額には天守入館料(420円)は含まれていません。

■主催:リョーマの休日キャンペーン推進委員会(事務局/高知県観光政策課)

■企画・演出:日テレイベンツ・シンユニティグループ

 

詳細は、「高知城 ひかりの花図鑑」の公式サイトをご覧ください。
https://kochi-tabi.jp/kanko-campaign/art_plus-kochi/

 

<写真提供>
高知県(共同通信PRワイヤーより)

  • mixiチェック
↑