• TOP
  • まち自慢.net
  • 今年は“ミニ”で感染症対策を徹底して開催「さっぽろ大通ミニビアガーデン」

まち自慢.net

2020.07.22
| サマーイベント自慢 北海道

今年は“ミニ”で感染症対策を徹底して開催「さっぽろ大通ミニビアガーデン」

さっぽろ大通公園/写真提供:一般社団法人札幌観光協会

毎年7~8月にかけて開催され、昨年は延べ100万人が来場した「さっぽろ大通ビアガーデン」。今年は、新型コロナ感染拡大を受けて、4月に中止が発表されましたが、例年の約50分の1の約250席に規模を縮小し、期間も10日短縮、感染症対策を徹底した上で「ミニビアガーデン」として開催されることになりました。期間は7月31日(金)から8月16日(日)、事前予約制で行われます。

会場も、これまで大通西5丁目から西11丁目まででしたが、西8丁目の1か所のみとなります。4人掛けのテーブルを2m間隔で配置。入場の際の検温やマスクの着用、北海道コロナ通知システムへの参加など新型コロナウイルス対策をしっかり行っての開催で、札幌市では新しい生活様式におけるイベントのモデルケースとなることを目指しています。

 

<「さっぽろ大通ミニビアガーデン」の開催概要>

◆開催期間:2020年7月31日(金)~8月16日(日)の17日間

◆会場:大通公園西8丁目

◆営業時間:12:00~21:00、1枠2時間程度の4交代制

◆座席数:252席(4人掛けテーブル×63卓)

◆販売品目:生ビール、その他アルコール飲料、清涼飲料水、個包装済みのナッツなどおつまみ
※フードの持ち込みは可能。飲料品の持ち込みは不可

◆予約方法:事前予約チケットをセブンイレブンで取り扱うセブンチケットで予約前日までに購入(7月22日より販売開始)

予約チケットの価格:1テーブルで2200円(1杯550円のビール券4枚)。予約チケット1枚で1テーブル4名まで利用可。予約チケットの払戻・取り消しは不可

◆感染症対策:来場者に対して非接触型体温計を利用した検温の実施・入場口に手洗い場とアルコール消毒液の設置、マスク着用の徹底、飲食席間は2mの間隔を確保、飲食席と販売ブースに飛沫飛散防止用パーテーションを設置、会場スタッフのフェイスシールドとマスクの着用、飲食席や販売ブースの清掃・消毒の徹底、北海道コロナ通知システムへの参加など

◆注意事項:入場の際に「北海道コロナ通知システム」へのメールアドレス登録または氏名・電話番号の記載が必要

◆主催:さっぽろ大通ミニビアガーデン実行委員会(構成団体:札幌市、(一社)札幌観光協会、札幌商工会議所)

詳細は一般社団法人札幌観光協会の公式HP「ようこそSAPPORO」をご覧ください。
https://www.sapporo.travel/

 

<写真提供>
一般社団法人札幌観光協会

  • mixiチェック
↑