• mixiチェック
HOME > アジアファッション連合会 > セミナー:繊維ファッション土曜塾 第10回 「2014年のファッションビジネスをどう変えるか?」
アジアファッション連合会

セミナー:繊維ファッション土曜塾 第10回 「2014年のファッションビジネスをどう変えるか?」

開催情報

終了しました
セミナー風景
日 時 2014/02/01(土) 15:00 ~ 18:00
会 場 日本ファッション協会 会議室
講 師
坂口 昌章 氏
講師
プロフィール
シナジープランニング 代表
定 員 30名
会 費 JFA賛助会員 :3,000 円

学生 :3,000 円

一般参加 :5,000円

内 容

「2014年のファッションビジネスをどう変えるか?」

昨年も時代の転換点だと言いましたが、今年は行動する年です。

昨年の年頭にも2013年の展望を述べました。中期的トレンドは変わっていません。去年と今年の違いは、消費税増税が実行されることくらいです。しかし、これが重要です。強制的に変化が起きるのです。

今年は発想を転換したいと思います。マクロからミクロに話を進めるのではなく、ミクロからマクロへ話を進めたいと思います。
また、きれいに整理できていなくても、新しいビジネスのヒントを盛り込もうと思います。自分でもモヤモヤした段階のこともお話します。
 
ビジネスは、ビジネス環境に影響を受けますが、最も重要なことは「自分が何をするか?」です。その前提は「何がしたいか?」です。
日本の企業、ビジネスパーソンは、とても良く勉強しています。常識もあります。ですから、客観的な分析は得意です。それなのに、企業の行動を見ると、まるで時代遅れのことが多い。個人と話をしていると「うちの会社は、こんなことをしているから駄目なんだよ」と言いますが、会社の一員としては、駄目なことをやり続けている。自分は何もせずに、アベノミクスや景気浮上に期待しています。そんなことはありえません。勉強だけして、何もしないのでは、会社は倒産し、日本の経済成長は見込めないでしょう。
 
今年は行動しなければいけない。今年は、最初に自分が変わらなければならない。その上で、ビジネスをどう変えるか、会社をどう変えるか、国をどう変えるかを考えなければなりません。
 
そんな思いを含めて、今年を展望し、行動するためのスタートラインに立つためのセミナーを行います。
年頭ですので、いつも以上に気張ってやります。私の熱気を感じていただきたいと思います。

(坂口講師より)

 

セミナー詳細

<第一部>

 

「2014年のファッションビジネスをどう変えるか?」

 

講師: 坂口 昌章 (シナジープランニング代表)

 

1. 私たちの生き方を変える
● アベノミクスで景気が変わり、企業が変わり、雇用と賃金が変わる?
● 企業より個人の方が変化は早い→ミクロがマクロを引っ張る
● 消費税増税以後、自分の購買行動はどう変わる?
● 「個人がやりたいこと」を実現するために「企業」がある
● 「個人がやりたいこと」を継続するために「ビジネス」をする
● あなたは何がやりたいのか?私は何がやりたいのか?

2. 企業と組織を変える
● モチベーションを上げるための装置
● ホワイトカラーの多能工化と小集団のプロジェクトチーム
● 人材のカンバン方式はできないか?
● 企業は次々とプロジェクトを立ち上げていく
● リスクのないルーチンワークは徹底的にコストダウンを図る

3.モノ作りと流通を変える
● 国内生産は贅沢、国産素材も贅沢。海外生産が一般的
● 贅沢なモノ作りをどのように継続させるのか?
● 店頭販売は贅沢。ネット販売が一般的。
● 贅沢な小売店を、どのように継続させるのか?
● 継続可能な規模に限定したビジネス(成長を目指さない)

4. ファッションビジネスを変える
● ファッションビジネスとアパレルビジネスの違い
● アパレルを扱わないファッションの店があってもいい
● 商品単独の魅力ではなく、環境、パッケージ、ブランド、コーディネートで新たな魅力を訴求し、高価格でも販売可能にする
● 「俺のフレンチ」をファッションに応用できないのか?
● 小売価格と原価率を共に上げた商品を販売する
● 服ができるまでの過程を全て公開する店(デザイン画、テキスタイル、サンプル)

5. ブランドを創造する
● 外国人が日本を再評価した「クールジャパン」
● 日本オリジナルのブランドを立ち上げる絶好の機会
● あらゆる固定観念、思い込み、業界の常識を疑う(ヤング中心、トレンド重視、ファストファッション、リスクヘッジ、サイズ展開、低コスト志向など)
● 全ての企業はブランドを目指すべきだ
● ブランド構築のためのファッション

 

<第二部>

 

質疑応答&ディスカッション

 

 

お問合せ先 日本ファッション協会 企画事業部

(TEL) 03-3295-1311

(FAX) 03-3295-3295

(Email) info@japanfashion.or.jp

アクセスマップ

  • mixiチェック