まち自慢.net

2019.02.19
| 花自慢 山口県

25,000本のヤブツバキが咲き誇る「萩・椿まつり」

椿の花のじゅうたん。笠山の椿群生林/ 萩データベース「萩観光写真素材集」より

山口県萩市笠山 虎ヶ崎には、約10haの敷地に約25,000本のヤブツバキが可憐な花を咲かせる椿群生林があります。自然交配で約60種あると言われ、それらを見比べながら散策を楽しむこともできます。古来から生命力が強く、春を告げる花として愛されてきた椿は、神事やお茶席でも用いられてきました。萩市では、ハギの花とともに、椿の花も「市の花」に指定されています。

例年2月中旬から3月下旬ごろ見ごろを迎え、今年も2月16日(土)~3月21日(木・祝)に「萩・椿まつり」が行われます。

期間中の土曜日・日曜日にステージイベントや郷土芸能などが披露され、抹茶席が設けられたり、椿見どころ案内人によるガイドが行われたり、萩の特産品の販売や飲食店の出店、椿の苗木の販売なども行われます。

 

<「萩・椿まつり」の開催概要>

◆開催時期:2019年2月16日(土)~3月21日(木・祝)

◆開場時間:10:00~15:30

◆場所:笠山椿群生林(山口県萩市椿東越ケ浜 虎ヶ崎周辺)

◆アクセス:JR東萩駅からバスで約13分「越ケ浜」下車。椿まつり期間中は、越ケ浜市営駐車場~笠山椿群生林まで無料シャトルバスが運行されます。

 

詳細は、萩市観光協会公式サイト「ぶらり萩あるき」をご覧ください。

http://www.hagishi.com/

 

<写真提供>

萩データベース「萩観光写真素材集」より

http://machihaku.city.hagi.lg.jp/db/index.html

 

 

 

  • mixiチェック
↑