まち自慢.net

2018.12.10
| ご当地グルメ自慢 宮城県

松島の絶景を眺めながら、かき鍋に舌鼓

仙台名産辛口みそを使ったかき鍋(写真はイメージ)/写真提供:宮城県観光課

日本三景の一つに数えられる宮城県の松島。島の数は正確に把握されておらず、古くから「八百八島」と形容されてきました。

伊達政宗お気に入りの島だったと言われる「千貫島」や仁王像が葉巻をくわえて座っているような「仁王島」、波頭のような形をした「鎧島」などなどを眺めながら、冬の味覚の王様「かき」を堪能できる「かき鍋クルーズ」が、2018年内は毎日、2019年1月6日(日)~3月10日(日)は金・土・日・祝日に運航されます。

宮城県産の新鮮な牡蠣をふんだんに使った仙台味噌仕立ての土手鍋に、ごはんは宮城のササニシキ。カキフライもついて、料金は大人3,400円、小人(小学生)2,200円。

塩釜と松島を結ぶ片道コースで、このコースならではの島めぐりを楽しんで、帰りは在来線で電車の旅を楽しむもよし、帰りはもクルーズを楽しむもよし。かき鍋クルーズを利用すると、復路は乗船料が無料になるうれしいサービスも。

 

<「かき鍋クルーズ」の開催概要>

千貫島/写真提供:宮城県観光課

◆開催期間:2018年12月1日(土)~12月24日(月) まで毎日運航、2019年1月6日(日)~3月10日(日)は金・土・日・祝日に運航

◆出港場所・運航時間:マリンゲート塩釜発11:30→松島桟橋着12:20、松島桟橋発13:00→マリンゲート塩釜着13:50

◆料金:大人3,400円、小人(小学生)2,200円(税込)

※往路に「かき鍋クルーズ」利用で、復路は乗船料無料に

◆メニュー:かき鍋、かきフライ、小鉢、ご飯、漬物、フルーツ

※お酒、ビール等の飲み物は船内で販売

◆予約:利用当日の朝9:00まで。満席になり次第締切。

予約受付は朝8:00~15:00

◆申込:丸文松島汽船株式会社 TEL:022-354-3453

またはインターネットで

◆URL:https://www.marubun-kisen.com/

 

<主なイベント>

★点灯式★

開催日時:12月8日(土)16:00~

開催場所:大館市総合病院北側駐車場

★大晦日終日点灯★

大晦日は翌日の明け方まで点灯

開催日:12月31日(日)

★グランドフィナーレ&冬花火★

開催日時:1月13日(日)20:30~

場所:田町球場

詳細は、一般社団法人松島観光協会の公式HP、日本三景松島「電脳松島絵巻」をご覧ください。
http://www.matsushima-kanko.com/

<写真提供>
宮城県商工観光部観光課
「みやぎデジタルフォトライブラリー」
http://digi-photo.pref.miyagi.jp/

  • mixiチェック
↑