• mixiチェック
HOME > 日本クリエイション大賞 > 日本クリエイション大賞2013 表彰式のご案内※終了しました
日本クリエイション大賞

日本クリエイション大賞2013 表彰式のご案内※終了しました

jc_2013

 

end

一般財団法人日本ファッション協会では、顕彰事業として「日本クリエイション大賞」および「シネマ夢倶楽部ベストシネマ賞等」を選考し、毎年優れた案件に対して表彰式を行い、その栄誉を称えてまいりました。

  「日本クリエイション大賞」は、製品、技術、文化活動、地域振興などジャンルを問わずクリエイティブな視野で生活文化の向上に貢献し、時代を切り拓いた人 物や事象を表彰対象とし、今年度は「大賞」1件、「日本クリエイション賞」3件を「顕彰制度委員会」で選考いたしました。

 「シネマ夢倶楽部」は、毎年国内で公開された新作映画からベストシネマの上位3作品を選定する「ベストシネマ賞」と、映画を通して文化や生活、社会の発展などに貢献する活動に贈る「シネマ夢倶楽部賞」を表彰するもので、いずれも推薦委員によって選考されます。 

 

 今年度表彰式を、3月10日(月)に、東商 国際会議場(東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル7階)で開催いたします。

日 時 2014/03/10(月) 15:00~16:45
場 所 東京商工会議所 国際会議場

日本クリエイション大賞2013 授賞案件

大    賞

「二つのノーベル賞『ニュートリノ』と『ヒッグス粒子』発見に貢献」

浜松ホトニクス株式会社

 2002年に小柴昌俊教授がノーベル物理学賞を受賞した「ニュートリノの発見」に続き、2013年ノーベル物理学賞受賞の「ヒッグス粒子の発見」にも貢献。二度のノーベル賞受賞を影で支えた浜松ホトニクスの技術は世界でも高く評価され、ヒッグス粒子を発見した欧州合同原子核研究機関(CERN)の正面玄関には「Hamamatsu」の名前が刻まれたプレートが飾られている。2013年60周年を迎えた同社は、ノーベル賞級の研究者からの要求に応えながら、それらの開発過程で得た新しい知識を生かし、高付加価値な光関連製品を生み出し続けている。

 

日本クリエイション賞

世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロをはじめ、“近大卒”の魚をブランド化

近畿大学水産研究所

 60年を超える歴史をもつ近畿大学水産研究所は、1965年に世界で初めてヒラメの卵からの人工ふ化による種苗生産を実現。以来、現在までに18魚種の種苗生産に世界で初めて成功している。2002年にはクロマグロの完全養殖に世界で初めて成功し、2004年には初出荷した。味の評価も高く、2013年には大阪および東京銀座に養殖魚専門料理店をオープン。連日満席で同大の完全養殖魚は「近大ブランド」としての地位を確立した。

 

『ふゆみずたんぼ』で津波被災地の田んぼの復興を実現

特定非営利活動法人 田んぼ

 通常乾田とする冬の間も田に水を張り、田んぼに生きる原生生物やイトミミズ、水鳥などの多様な生き物の力を借りて無農薬、無化学肥料で米づくりを行う農法「ふゆみずたんぼ」。江戸時代から知られている農法だが、この農法の普及に尽力している岩渕成紀氏が立ち上げたNPO法人田んぼでは、震災の津波による被害を受けた水田でも、生物多様性と水だけの力で脱塩に成功、例年以上の収穫を得て、「津波の後の田畑の収穫は良くなる」という東北地方の言い伝えを裏付けた。

 

世界の潮流に伍し、日本のワイナリーの新しい時代を切り拓く

ヴィラデストガーデンファーム アンド ワイナリー

 1991年、病気療養を機に、長野県東御市(とうみし)に夫人とともに移り住んだ玉村豊男氏は、背丈を超える雑草が生い茂る荒れ地を開墾し、西洋野菜とブドウの苗木を植え、2003年にワイナリーを開設。現在では、年間2万本のワインがつくられ、国産ワインコンクールの受賞歴を重ねる。旧来の日本の農村のイメージとは異なる個性的なファームを、長野県から世界に発信する『田園リゾート』として創出した。県内でワイナリーづくりを夢見る新規参入者たちの相談相手となりながら、信州ワインバレー構想の推進にも尽力している。

 

 

  • mixiチェック

セミナー&イベントカレンダー

<< 2017年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
*/ ?>